無料ブログはココログ

着姿♪

  • 2012 七夕祭り
    キモノ こんな風に着ています

帯留コレクション

  • ガラスに箔の帯留め
    コーディネートの要 帯留!

履きもの

  • 真紅の抽象柄お草履
    足元も大事ですよ

にゃんこ劇場

  • みーこちゃん 恍惚
    癒されたい方 どーぞ♪

紘音好み

2011.08.08

夏のお酒は器で楽しむ♪

暦の上では「立秋」ですが、いよいよ暑くなってきました・・・ヾ(;´Д`A なんか蒸し蒸ししますよねぇ

そんな中、NHK BSプレミアムの「三夜連続 美の壺 納涼スペシャル」はナイスでした!「住」の回、「遊」の回、「食」の回、それぞれが楽しく、目の保養、目の「涼」でしたね。

食いしん坊の私には、「食」編は目の毒でもありました。ああ、私も京都は貴船の川床で、「鱧」を食べたいよう!(≧∇≦)

さて同じ「食」編で紹介された「夏に濡らして使いたい 備前焼の器」。「おおっ♪」と膝を叩きました。持ってるんです。私。備前焼のビアマグ。

Dsc00882

もう10年以上も前、一目惚れして買ったものなんですが、ここ数年はしまい込んで忘れていました。早速引っぱり出して、冷蔵庫で冷やし、ビールをついでみましたよ。

Dsc00884

うん。確かにきめ細かい泡が立つ。ああ、勿体なかった!これからはもっと使おう♪

夏のお酒の器と言えば・・・

Dsc00886

冷酒ならこんな「青磁」の器で。これは親友が引っ越し祝いにプレゼントしてくれたものです。これまた誕生日祝いに貰ったガラスのお猪口で。辛口大吟醸をキリッと冷やして頂きたいですね。

Dsc00887

写真では良くわからないのですが、このお猪口、気泡の入ったガラスでとっても涼しげなんです。

Dsc00888

ワインなら、こんな切り子のグラスで。

これは結婚祝いに頂いたもの。

どうも「飲んべえ」なのが知れ渡っているので、お酒関連の贈り物が多いですね(笑)ありがたや。ありがたや。

ちょっと「夏の飲んべえ魂」に火をつけてくれちゃった感のある「美の壺 スペシャル」なのでした(苦笑)いいのか 悪いのか・・・・

2011.04.03

「日本の匠展」で買ったのは その2

当初の目的である「熊野筆」を買った私の視線を釘付けにしたのは・・・

「江戸型染」のコーナー。

幸いにも(笑)反物は無く、(危ない危ない)幅110~120の「布地」とそれを使ったのれんの数々。

まあ、なんて私好みの型染め。きっぱりとした藍地、紫地、白地に藍も清々しい 匠の技の繊細な古典柄・・・・そして全てm/1000円だっていうじゃないですか。

テーブルクロス用に買っちゃお♪ しかし どれも素敵で選べない~

Dsc00554

なんとかひとつ選んだのはこんな唐草。実際はもう少し明るい濃藍です。私が惚れこむのもわかるでしょう?

でもねえ、全てお見せしたかった。あー あれも これも 欲しかった!

Dsc00558_2もともと私はエスニックなデザインの布を「テーブルクロス」として使うのが好き。

タイのプリント地や、バリのバティック、イカットなどなど・・・

自分の旅行の「思い出」でもあるし、私の「エスニック布好き」を知った友人たちの「海外旅行土産」もあって、ちょっとづつ増えてきました。

その日の気分でクロスを変えて楽しんでいます。

まー たまに旦那サマが ゴハンこぼすのが困り者ですけどねー(苦笑) ランチョンマットは使っているけど、はみ出してこぼすからね。子供か?(笑)

Dsc00553
そんな私のテーブルクロスコレクションに、型染めが仲間入り。なかなかいいじゃない と自己満足。(旦那サマも気に入ってくれたみたい こぼさないでね)

でもでも やっぱり夏用にあの「とんぼ柄」「めだか柄」も買えばよかったかなぁ と いまだに未練タラタラの私なのでした( ゚д゚)ホスィ…

2011.04.02

「日本の匠展」で買ったのは その1

隣の隣の街の百貨店で「日本の匠 物産展」があったので行ってきました。

百貨店ではしばしば開かれる催事で、主な商品は、鼈甲細工、珊瑚細工、竹細工、箪笥類、織物、組紐、塗り物、彫り物などなど・・・

皆さんもやっていれば覗かずにはいられないでしょ(笑)

心惹かれる「匠の技」が多いく、見るだけでも楽しいのですが、私の目的はコレ。

Dsc00555

筆ですね~。その名も高き「熊野の筆」です。お化粧用筆でも有名ですネ。

筆は、地元の書道用品店でも買いますが、「匠展」ではかなりの数の熊野筆が揃ってますし、少しお安くなっているので 昨年も買いに行ったんですよ。

やはり段位があがると「弘法は筆を選ばず」とも言っておられず・・・検定時の提出作品も多種類になってきたので、なるべくその作品にあった筆を使いたいのですよ。今回は「漢字作品」用の筆を調達したい。

Dsc00560 「この作品にはこんな筆を使いなさい。何号の筆で書きなさい。筆の材質はこれこれで・・・」

と指定されるわけではありません。あくまで選択は自分の自由です。

ですので、先生や、姉弟子達の使っている筆を見てだいたいのあたりをつけるのですがね

半紙に8文字~12文字くらいの作品の場合はこんな「中筆」




Dsc00559半切(30×130)に二行くらいの漢詩を書く場合はこれくらい。

いままで使ってたものの使い勝手などを思い出しながらあれこれ品定めします。

幸い 全て「試し書き」させてくれますので、さんざん あーでもない こーでもない と書き倒して選んでいきます。

筆っていうのは そりゃあもう「ピンからキリ」まででして、高いものは何万円もします。

しかしそんなのは見なかったことにして、私の場合は先に予算ありき。だいたい2000円~3000円くらいの中から選びます。

イメージどおりの筆が見つかって満足。満足。

しかぁし! この日はこれだけでは終わりませんでした。

「匠展」の中には「江戸型染」コーナーが・・・

スルスルと引き寄せられていく私なのでした(苦笑)・・・続く。

2011.02.12

赤い手袋 

ひゃー 寒い寒い!(≧ヘ≦)

雪はなんとか積もらずにすんでいますが、昨日は一日、湿った雪が舞っていました。

そんな中、百貨店やショッピングセンターでは「冬の最終セール」中。「再お値下げいたしました」とか、「最終価格になりました」とか、そそられることを言ってくれちゃっています(笑)とりあえず見るだけ見とくか・・・みたいな。好みの小物を見つけたら、つい、買いたくなっちゃいますね。

あれ?断捨離はどーした?(;´▽`A``

Dsc004381000円均一のワゴンの中で見つけた真っ赤な手袋。

着物コートを着るときの手袋は、黒と、臙脂を持っていたのですが、ちょっと臙脂が行方不明で・・・(苦笑)家のどこかにはあると思うんですが。

まあ、こんな鮮やかな赤い手袋もいいかなと思って連れて帰ってきました。



Dsc00439これね、なんてことない薄手のウールジャージ素材なんですが

手首のところのリボンタッセルが可愛いんです♪





Dsc00440着物コートは、黒いベルベットと、アイボリーのウールを持っているので こんな赤はいい指し色になるのではないかなぁ。

街を歩いていても、手袋をビビットカラーでキメたお洒落さんを見ると目を惹かれます。



寒い日はもう少し続くのかな?もう春かしらん と思っても、また寒の戻りがあるから油断できませんよね。

そんな日は、着物コートの衿を立て、こんな手袋の出番です。(^-^)

2011.01.22

着られないけど 手放せない

「断捨離」ブームの流れを受けて、(単純だね 私も 笑)今年は「モノを増やさない むしろ捨てる 手放す」方針です。全てに於いて。

もちろんキモノ関連も。

いたずらに数を増やさず、本当に好きなものと 母たちに譲り受けたキモノたちを大事に大事に着ていきたいと思っております。あ、繰り回しはするけれどね。あと、何にも買わないってわけじゃないけど(笑)一応言っとくからね。

で 「もはや私には若すぎる」「私にはどう考えても似合わない」「結局一回も着ていない」というキモノや帯がいくつかあるので、どなたかに譲るか、フリマに出すかしようとピックアップ中です。

が、しかし・・・

どうにも手放せないのが、ありますなぁ・・・着られないんだけど・・・

Dsc00332

義母の若い頃の九寸名古屋帯。純白の塩瀬地に、「姉様人形」の染め柄。

Dsc00331

前帯にも 沢山の「姉様人形」。

Dsc00333

描かれた姉様人形、染めの上にさらに刺繍がなされています。

このちょっといびつな・・・子供が描いたみたいな姉様人形が可愛いくてねぇ。どうにも手放せない。

一度、締めたことはあるんです。でも 案の定、私には・・・もう無理。

これね、バッグにしようかとも思ったのですが、地がこんな真っ白じゃバッグに向かないですよね。すぐ汚れてしまう。

額に入れて飾るのもいいんじゃないか なんて思ったり。ほら、お雛様の季節に飾るのはどうかしら。

でもでも、やはりまだじゅうぶん使える帯なんだから、どこかの可愛いお嬢様に締めてもらいたいと思ったり。

考えがまとまらず、また和箪笥に仕舞ってしまうのでした・・・。むぅ たぶん それがイチバンいけないのだが・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ドウスル?

2010.08.30

キモノにピアス

先日、着物姿でバス停に並んでいた時の事。

私の後ろに並んでいた見知らぬお嬢さんが、遠慮がちに話しかけてきました。

「あのぅ・・・・」

私の頭の中で、赤ランプ点滅&サイレンが鳴りましたよ

「あっ 私のキモノ姿、どこかヘンなんだわ!クリップつけっぱなし?なにかはみ出してる?帯が曲がってるの?????(´Д`;≡;´Д`)アワアワ」

でも、違いました。お嬢さんはこう言ったんです。

「右のピアスが・・・・はずれそうです」

「ハッ?( Д) ゚ ゚」

そうなんです。私の右のピアスがね、キャッチ部分がいつのまにか外れて、前につんのめっておっこちそうになっていたんです。慌てて外しました。

ありがとう 優しいお嬢さん!

ピアスをする方ならわかると思うのですが、ピアスって何故だか、いつのまにか落しませんか?ピアスをして以来、何個のピアスを落っことしたか・・・・(つд⊂)エーン

これが、片方のキャッチを無くしてしまった、その日のピアス。珊瑚です。まあ、キャッチだけなら、代わりはあるから 助かりました。

Dsc05290_2

私はキモノの時も必ずピアスをしますが、基本的には「控えめ」に。「悪目立ちしないよう」につけています。だから小さくてシンプルなものばかり。(まあ、これは私のコーディネート上の好みなので、そうじゃなくちゃいけないということではないですよ 好き好きです)

こんな小さな珊瑚は、どんなキモノとも相性がいいと思います。

Dsc05293_2

ダイヤやパールも、キモノに合わせやすいですよね。

Dsc05294

色石をつける時は、着物の色や、帯の色に合わせますが、指し色にした帯揚げ、帯締めや、バッグの色に合わせるのも楽しい。だからどんどん数が増えていきますね(苦笑)

殆どが自己満足ですが、「色を揃えてるのね!」なんて気が付いてもらえると嬉しいものです。

Dsc05295

良く使うピアスは、こんな陶器の小物入れに入れて、ドレッサーに置いてあります。(大雑把なもので・・・)

優しいお嬢さんのおかげで、迷子にならなかった珊瑚のピアス、これからも活躍してもらいましょう♪

2010.04.11

雑誌の入るニューバッグ♪

「物欲」がキモノ関係に片寄ってここんとこ洋服のお洒落がオロソカな私。

新しいものを買えばいいってもんじゃないですが、ちょっぴり流行のお洒落を意識することも必要かも。みんなとおんなじー はイヤだけど・・・(キモノが魅力的なところはゼッタイ皆とおなじにはならないところですよね)

そんな私がひさびさに気に入ったバッグを見つけました。お値段もリーズナブルだったので(じゃないと気に入らないもん)

Dsc04579こんなふうにアイボリーの合成皮革でざっくり編まれてるんです。合皮だからちょっとくらい雨に濡れても平気でしょ。

持ち手もメッシュになっていて、そこににんにく(?)みたいな丸いポンポン飾りがついています。

そして一番のポイントは・・・



Dsc04578AB版の雑誌がスッポリ入る大きさ!

そうなんです。私は小さいバッグはちまちまと沢山持っているのですが、このくらいの大きさの気の利いたバッグがなくて、探していたの。

ようやくお気に入りに出逢えました。

私は背が低いのであまりに大きいバッグを持つとバランスが悪く、このくらいがギリギリライン。

柔らかくてけっこうモノがいっぱい入るんですよ。

ちょっとおめかしスタイルにも、デニムスタイルにも合いそう。

そしてキモノにも なんとか持てそうでしょ。結局そのオプションははずせないのね(笑)

2009.08.03

花火大会の浴衣

182445397_442592efd2先週末から各地で花火大会がたっくさん行われているようです。日本人は花火好きですよねぇ。わが地元でも賑々しく開催。不況の中、自治体、スポンサー企業、頑張ってくれてありがとう(笑)

嬉しいことに地元の花火大会は我が家のリビングから良く見えます。まあ、特等席と言ってもいいくらい。なので、家でゆったりと花火見物。

Dsc01739今年二度目の「おうち浴衣」は再び母のおさがりです。

深い紺地に刺し子の柄。

半幅帯も母のもの。真紅の博多献上。

Dsc01740浴衣が地味ぃーですので、(でもこの刺し子柄、変わってて好きです)帯でしゃきっとインパクトをね。

あら。写真を撮ったときの博多帯、表裏逆ですね。

これは裏です(苦笑)バッテンが出ちゃってますね。失礼、失礼。

博多献上は、間違えやすいですよね。時々間違えて締めている人がいます(笑)まあ、良く見なきゃわからないですが。

Dsc01844 帯はやの字で、粋な感じに。と思いましたが・・・

やの字は、バランスが難しくてなんかいまいち。

小さくても大きくても、駄目なんですよね。たぶん。

今年もいろいろな新作花火が打ち上げられていましたが、わたしはシンプルなシャンパンカラーの菊、や しだれ柳が 好きだナァ 

2009の夏も本番・・・そして駆け足で過ぎていきますね・・・通り過ぎる前に夏を思い切り楽しみましょう。

2009.07.22

浴衣の魅力・・・世代を超えて

『着姿』アルバムの整理をしていてあらてめて気が付いたこと

この二枚の浴衣、柄行きの大きさまでそっくりです。同じ位置、大きさで写真を撮ってみて初めて気が付いた。ネガポジ反転したみたい(笑)

Photo_2

Dsc03371_3 左(紺地)は私が10数年前に渋谷の呉服店の店頭に吊るされているものを買ったモノ。プレタのセール品。(その頃は、まだこんな『染め』の浴衣のプレタが安価で出回ってましたよ)

そして右(白地)は今年譲り受けた母のもの。どう考えても軽く30年以上前のものです。

私がいくら紺白の定番古典柄が好きといっても、ここまで同じようなものを選ぶとは面白いですね。

もしかしてわたしの記憶の片隅に「母のあやめの浴衣」があって、それがこの「紺地のあやめ柄」を選ばせたのかもしれません。

浴衣は紺か白、そして古典柄に限る・・・とは わたしがいつもナントカのひとつ覚えみたいに言っていることですが 

ふと気が付くと その思いの9割は「郷愁」なんですね。ああ、そうか 「郷愁」なんだ

幼い頃の母の浴衣姿。

公園での盛大な盆踊り大会。

故郷、新潟祭りで、どこまでも続く粋な浴衣姿の人々の「民謡流し」。

それらの残像が色褪せず 私の中にあるんでしょう。

お若い人々に、自分の「郷愁」を押し付けてはいけないですね。(苦笑)

それでも紺と白の浴衣は、私にとっていつまでも「美しい日本の夏の風景」の一部です。懐かしくて恋しいものなのです。

2009.06.24

あやめの浴衣

昨年、実家に帰ったとき、貰ってきちゃった母の浴衣。

Dsc03255白地に紺で染められた「あやめの浴衣」です。

浴衣の定番中の定番柄ですよね。もちろん、私の大好きな柄。このスッキリ感がたまりません。

Dsc03257いかに、このあやめ柄が昭和の定番かって言うと。

こちら、「男はつらいよ」出演時の吉永小百合様。

大和撫子の浴衣姿はかくあるべし!と叫びたくなるような清々しい浴衣姿。

ちょっとわかりずらいのですが、あやめが横に走る、白地が多い浴衣を着ておられます。

Dsc03259 こちら、同じく「男はつらいよ」から永遠のマドンナ りりぃ役の浅丘ルリ子様。

白と紺の可愛いあやめが並ぶ浴衣。

実はこのシーン、ルリ子様が入院中という場面でして、この浴衣は「寝巻き」。

なので、ルリ子様は、半幅ではなく伊達締め姿なのです(笑)

というわけで、この浴衣を母の箪笥で見つけたとき

「わぁい 小百合様、りりぃ(浅丘さんの役名)とお揃い~」

と小躍りしてすかさず貰ってきたのでした。

これは母の手縫いで、広衿、肩当、居敷当てのついたしっかりした仕立てなのですが、なにぶん母が着倒したもので、クタクタなので、外には着ていかれませんが・・・

着て出たら、若い娘さんに「寝巻き」って言われるかもねぇ

でも大好きなのでことしの「おうち浴衣」として活用させて貰います。

Ayame01ところで皆さん、あやめ と 花菖蒲 と 杜若(かきつばた)の見分けってつきます?(写真はあやめです)

菖蒲と書いて、「あやめ」と読ませることもあって、まぎらわしい。「おなじものよー」なんて言う人もいますが違うんですよ。

ナントカあやめ祭り なんてのがあって、でも咲いているのは花菖蒲だったりします(さらに混乱)

まあ、どれも「アヤメ科」の植物なので、兄弟みたいなもんだとは思うのですが・・・

あやめは乾いた土に生え、花菖蒲は湿地に生えます。杜若は水の中から生えます。(だそうです)

・・・って言われても 植物苑なんかでは、水辺に植えてあるあやめもあるし花だけみたらわかんないですよ・・・(苦笑)

いずれあやめか杜若・・・ってね(どっちがどっちかわからないって意味)

3270298_1671063493 ちなみに紺地に白のあやめ柄も持ってます。これは確か自分で買った浴衣。若い頃から趣味が変わってないのね(笑)

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31