無料ブログはココログ

着姿♪

  • 2012 七夕祭り
    キモノ こんな風に着ています

帯留コレクション

  • ガラスに箔の帯留め
    コーディネートの要 帯留!

履きもの

  • 真紅の抽象柄お草履
    足元も大事ですよ

にゃんこ劇場

  • みーこちゃん 恍惚
    癒されたい方 どーぞ♪

旅行・地域

2014.01.18

河津の旅♪~2014 お正月旅行 後編

玉峰館で至福のお正月を満喫した私たち。

11時チェックアウトなので朝食後もゆっくり部屋付露天風呂につかり・・・

こんないい宿 帰りたくない~ もう一泊したーーーーい(≧m≦)

と身もだえしたのですが そんなわけにもいかず(笑)

というわけで向かったのは 今回の目的 河津の名所

河津七滝

です。伊豆の観光では基本中の基本なのですがいままで訪ねたことがなかったのです。

幸いにもめっぽう天気が良く ハイキングには絶好。遊歩道も完備されていて気軽に散策ことができます。

118

美しい渓谷の中に 七つもの滝が点在しているなんて、自然の奇跡だと思いませんか?

Photo
ちょうど観光客も少なく、ゆっくり滝を愛でることができました。心地良い水音とマイナスイオンで心爽やか!

119

こちら、有名な踊り子の像です。けっこう大きいでしょう。

「伊豆の踊子」は私も大好きな小説です。映画版では可憐な吉永小百合版が心に残っていますね。

美しい自然と旅情、人情。伊豆はまだまだ奥が深いです。

117

ね、恵比寿様。またまた思い出深い 伊豆の旅でした。

2014.01.16

河津の旅~2014お正月旅行 前編

ひさしぶりの更新となりました。いまさらですが あけましておめでとうございます。おかげさまで元気にしております。

どうも近況報告はフェイスブックが中心となってしまい・・・(^-^; ブログが億劫になってしまうんですね。

まあ、ぼちぼちやっていきますので、またおつきあい下さい。

まずは、備忘録としてお正月旅行のご報告です。

年始は毎年伊豆を訪れる私たちです。今回はテレビで紹介されてびびっと来たこちら。

Photo

峰温泉 玉峰館に宿をとりました。

こちらは、掛け流しの 豊富な湯量がご自慢。

099

お宿の前のやぐらには終日湯気が吹き上がっているんですよ。

お湯は無色透明、無臭のナトリウム泉、熱すぎず、やわらかく 心底暖まります。

110

108

昨年リニュアルしたとか、どうりで隅々まで手入れが行き届き、外観、内装ともにシンプルで心地いいお宿です。

そして食事も素晴らしかった!

105

美しく繊細な和食の世界を堪能しました。

伊豆の温泉宿はもう10回以上訪れていますが、お湯、食事、サービス、雰囲気、すべてに花丸がつけられる 大満足のお宿でした。

続きます・・・

2013.01.09

ローカル駅の小さな旅

私、鉄子でも 鉄ちゃんでもありませんが 知らない駅、それも 小さな木造駅舎にはなんとも心惹かれるものですね。

懐かしさ、暖かさを感じます。

いつもは車で動く私と旦那サンですが 電車の旅も大好き。

お正月旅行で降り立ったのは そんな 伊豆急行 伊豆多賀駅だったんです。

Izutaga_2
Izutaga_3
なかなかの高台にあって、ハアハア。ヾ(;´Д`A

駅から海を見ると

Izu_taga

小さな広場になっています。

ここが 桜の季節には・・・・・・・・

Izutaga3_2

あらまあ!!こうなるんだそうです。(≧∇≦)

見てみたいですね!!

2013.01.07

初温泉は伊豆多賀で

今年の初温泉は伊豆急行で熱海より2駅の「伊豆多賀」。

小さな小さな海水浴場のある温泉地です。私と旦那サンは伊豆の全ての温泉を制覇するという野望があるんです(笑)

Dsc01292

Dsc01291
空気は冷たく澄み、青空鮮やか。お正月なのにひとかげもまばらです。この鄙びた感じがたまりませんね。
浜に足跡をつける旦那サン。

Dsc01297_3

お宿はこんな浜の目の前。

伊豆の海の幸と 海を見はらす貸し切り露天風呂。心の充電満タンで今年もお正月旅行を終えました。

2012.08.27

爽快!堂ヶ島渓谷の夏休み その3

堂ヶ島渓谷の夏休み、最終章です。

411399_134775903332450_2087495563_o

今回 私たちが泊まったのは 二階の角部屋。リーズナブルな良いお部屋でした。

対星館には離れや特別室があり、それのいくつかは専用露天風呂付きで とっても雰囲気があって素敵。心惹かれたんですが。。。

でもね 専用じゃなくても 時間貸しで ナイスな貸し切り露天もあります。

3

貸し切りの「早川の湯」。

夜に入ると 水面がライトアップされてて また雰囲気がサイコー!

そこそこ大きなお宿なんだけど なんだかすべてがゆったりしていて 混み合うこともなく、お食事は部屋だしなのでひたすらゆっくり のんびり まったり。。。。

聞こえるのは 蝉の声と 早瀨の音だけ。

箱根の、それも宮ノ下エリアなんて 西湘の我が家からは1時間もかからず 近場も近場なんですが なんだか すごく遠くへいったような錯覚が。。。

夏に埋もれちゃった 不思議な空間。

614809_134741673335873_376374477_o

心に残る 夏休みとなりました。

2012.08.21

爽快!堂ヶ島渓谷の夏休み その1

ご無沙汰しています。

いまだ脳障害のリハビリをのんびりやっています。計算障害や失書など完全には治らないのですが徐々に回復し ほぼ日常生活は問題ありません。先生の許可も得て 運転も解禁になりました!でも あせっちゃ駄目って。

そんな中、近場ではありますが 旦那サマとのんびり夏休み旅行へと行ってきましたよ。

290547_134751153334925_512598579_o

箱根 堂ヶ島渓谷。

緑深い渓谷に 爽やかな清流。都会を離れ 命の洗濯です。沢の音が凄い!

256304_134736413336399_935482043__2

326665_134740696669304_640310275__3


静かな山間の温泉に 蝉の声と 清流の音だけが響きます。

続く・・・

326665_134740696669304_640310275__2

326665_134740696669304_640310275_o


2012.07.04

順調に回復中

ご心配しておかけしています。

暖かいメッセージありがとうございます。

週二回の言語療法リハビリは継続していますが、元気です。日常生活にほぼ問題はありません。

そんななか 旦那サンが回復記念の小旅行をプレゼントしてくれました。箱根で温泉につかり、小田原をドライブ。

ちょうど小田原あじさい祭りの最中。

Dsc01195

Dsc01197

Dsc01196_2

旦那サンには 無理しちゃ駄目!と言われますが だんだん行動範囲を広げたい私です。(*^-^)

追伸

リハビリの一環でフェイスブックを始めました。





2012.01.21

2012お正月温泉旅行 後編

「青山やまと」のお風呂は男湯、女湯入れ替え制。

なので一泊すれば 花の湯、月の湯、星の湯、風の湯 の4種類の広々としたお風呂を楽しむことができます。

私が一番気に入ったのは露天「星の湯」かな?

見上げたらちょうど真上に「オリオン座」が見えたのです。うーん 冬の露天温泉ロマン♪

源泉掛け流し、無色透明、熱すぎず、まろやかで気持ちいいお湯です。

お風呂を頂きましたら いよいよ夕ご飯です。

期待高まるお品書き~

Dsc01058

このお宿はメインディッシュを三種類から選ぶことができるのですが、私は「合鴨」をチョイス。合鴨に目がないんだぁ。

前菜は日本食らしくこの彩り。繊細な器の楽しさ。

Dsc01056

そして伊豆なので もちろんお刺身は鮮度抜群。ぷりぷりです。

Dsc01057_4

このあとは食欲に負け、撮影はそっちのけ。

つらかった昨年、ずっとそばで支えてくれた 旦那サンに感謝。

今年はいい年にしようね。

2012_2
心と体を癒してくれた伊東の湯とご馳走、満足の青山やまと なのでした。

2012.01.20

2012お正月温泉旅行(いまさら?)前編

ご無沙汰しております。えっ もう一月も後半ですか?( ̄Д ̄;;

この前 年が明けたんじゃなかったでしたっけね?

と、ちょっとまだ本来のペースを取り戻せていない 私、 紘音なんです。で、まったくいまさらで空気が読めていないかもしれませんが お正月旅行の覚え書きを。このブログ、私の旅の備忘録でもあるもので。

2012年の初打ち、初温泉は またもや伊豆の伊東エリアなのでした。このへん私の昨年末の「思考停止」っぷりを反映しています。まあ 仕方ない。


2012_2ゴルフはじめは昨年と同じ「サザンクロスリゾート」。ごらんの通り素晴らしく晴れていたのですが、(海に大島も見えますね)放射冷却&北風で寒いのなんの。

おかげでニット帽、ダウンが手放せず、夫婦してなんとなくもっさりしたゴルフ姿になっております。

私に至っては達磨みたいですわ(苦笑)

冬のゴルフ時の防寒は悩みのタネです。寒いのは嫌ですが着ぶくれると腕の動きが悪くなりますもんねえ。

でも冬はファッション性より防寒最重視ですね。身体が冷え切るとだんだん集中力が・・・



Dsc01037さて。
この日、デビューさせたのは昨年のクリスマスプレゼントに旦那サンに貰った ブリジストンVIQシリーズドライバーのニューモデル!
かなり飛ぶんです、芯に当たればね・・・

この日 快音は一回くらいしか聞かれず・・・・

寒さのせいだ そうだ きっとそうだわ。

さんざんなスコアはなかったことにして、冷え切った身体で そそくさと温泉へ。

今回のお宿は伊東の高台に建つ、「青山やまと」さんです。じゃらんなどではなかなか評判のいいお宿ですがはてさて。。。

続く

2011.08.20

箱根ラリック美術館で

2011箱根の夏休み編 続きです。

箱根、宮城野のホテルにチェックインする前、少し時間があったので、そこからほど近い

箱根ラリック美術館

に立ち寄ることに。

ご存じのとおり 箱根は美術館だらけですが、ここはまだ行ったことがなかったのですね。なんとなく近くの「箱根ガラスの森美術館」とカブってません?(笑)

まあ、行ってみれば、さほど規模は大きくないにせよ、なかなかお洒落な美術館ではありました。

Dsc00892

緑溢れるお庭の中に、ミュージアム棟、ショップ棟、レストラン棟が上手くレイアウトされ、ゆったりとした雰囲気です。これはミュージアム棟への通路。

ラリックはガラス美術工芸の天才ですけど、やはり美しい宝飾品のコレクションには女性ならば胸躍るものがありますね。

Photo

ラリックは虫や鳥が好きなのね。繰り返し登場する 蜻蛉、蜂、蝶々、燕のモチーフの宝飾品の繊細さ美しさにはウットリ。

でも、花瓶や灰皿なんかのモチーフに登場するスカラベ(ふんころがし)はちょっとねぇ。映画「ハムナプトラ」を見て以来、人間に襲いかかり バリバリ食べちゃうスカラベのイメージが強いんだもん(lll゚Д゚)

(注 これはハムナプトラという映画の創作で 本当のスカラベは人間を食べません~ヾ(;´Д`A)

さて、この美術館でなかなか素敵なのは、隣接するレストラン[LYS]

Dsc00893

美しい芝生を前にした、広いテラス、リゾート感溢れる雰囲気が魅力。できればここでランチを頂きたかったんだけれど、人気があるらしく また、夏休みということもあり、満卓だったので断念。

レストランだけの利用も可能なので(実際そういう人が多いらしい)、また訪れてみようと思いました。

あとねえ、ここにはかの「オリエント急行」の車両があるのだけれど、それの観覧にはまた別途お金がかかるのですね。それもお茶菓子付き、解説つきで2100円ナリ。それで要予約なの。(現地予約)ミュージアム棟より観覧料が高いって・・・

ちょっと二の足を踏みまして今回は見送ったのでした。(´・ω・`)

より以前の記事一覧

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31