無料ブログはココログ

着姿♪

  • 2012 七夕祭り
    キモノ こんな風に着ています

帯留コレクション

  • ガラスに箔の帯留め
    コーディネートの要 帯留!

履きもの

  • 真紅の抽象柄お草履
    足元も大事ですよ

にゃんこ劇場

  • みーこちゃん 恍惚
    癒されたい方 どーぞ♪

« 2014社中展 面白きことも無き・・・ | トップページ | 2014社中展 元気な竹取物語 »

2014.02.04

2014社中展 凛として

011

私の先生の作品。

向かって右、仮名の大作はダイナミックに。

左 漢詩は凛として清々しく。

ため息がでるようです。

054_2

こちらは屏風に色紙を散らしたもの。

こういう作品は先生と表装する職人さんとの意思疎通、掛け合いが大事。ひとつひとつの書ももちろん美しいのですが、バランスと空間の使い方がキーになってきますものね。

見事な書はたんに美しいだけでなく、エネルギーを発し、いろんな創造の世界に我々を誘ってくれますね。



« 2014社中展 面白きことも無き・・・ | トップページ | 2014社中展 元気な竹取物語 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31