無料ブログはココログ

着姿♪

  • 2012 七夕祭り
    キモノ こんな風に着ています

帯留コレクション

  • ガラスに箔の帯留め
    コーディネートの要 帯留!

履きもの

  • 真紅の抽象柄お草履
    足元も大事ですよ

にゃんこ劇場

  • みーこちゃん 恍惚
    癒されたい方 どーぞ♪

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012.10.26

10月のお振り袖レッスン

あっというまに10月も後半です。

来年の成人式を見据えて 先生のお宅で振り袖特訓。なんとか病気の前程度には感覚がもどってきました。成人式までには完全にしたいものです。なんせ成人式は戦争状態なので・・・・

Dsc_0061

今回 先生にお借りしたお振り袖は露芝に菊、アゲハ蝶の雅な古典柄。

薄手で柔らかくしっとりした質感なのでぴしっと決まりやすく着せ易いのです。半衿のバランス、おはしょりの処理、後ろ姿、珍しく褒められました。

Dsc_0062_2

帯結びは 中央の蕾がポイント

アンティークな帯で 長さがないので小ぶりに仕上げます。

Dsc_0064

帯揚げは一文字の変形で ひだを作り波形に。

帯あげの端っこで薔薇を作るテクニック。

まだまだ先生から技を学ばなくちゃ。

Dsc01230

この日の私は ぶどう色のろうけつ染め縮緬小紋に紫のカトレアの帯

市松の帯締めがアクセントで 秋のお気に入りコーディネートです(゚ー゚) しばらくは秋色にいっぱい出番をあげたいですね。




2012.10.17

書、 一歩一歩 その後 

また少しご無沙汰してしまいましたが 元気です。

しかし 病気後の私は 良くなっているとはいえ 病気以前にはほど遠く いろんなことにちょっとずつ時間がかかります。ひとつひとつはなんとかなっても 全体的には・・・まあ ひらたくいうとなんとなく全て「とろい」のです。(苦笑)

運動機能の問題ではなく 脳の働きの問題ですね。

だから優先順位を大事にしています。あれもこれもやろうとすると どうもいけません。まだまだ活発に皆さんのところへお伺いできませんがお許し下さいね。

識字障害(失書)と 計算障害(失算)のリハビリは続けています。

さて そんななか 書はなるべく書くようにしています。まだまだ 処理能力は全盛期の5分の1くらいですが だからこそ・・・

Kouyagire
細筆の柔らかで細かなタッチも思い出してきました。退院直後、約半年前は全く字になっていなかったことを思うと 感慨深いです。

仮名の課題では だいたい短歌の古典を臨書します。五七五七七を二首づつが一般的です。細筆の場合 もたもたもたもた書いていたら 流れが切れて美しい字は書けないですよね。よどみのない 思い切りのいい字、勢いのある字は書けない。

まだまだお手本を見ながらでもつっかえちゃうんですよね。頭では書けているんだけど 手が止まってしまう または 間違いを書いてしまうんです。

だから たかだか一首 正確に書くのに 何ヶ月もかかりました。

でも不思議と4ヶ月くらいで 改善してきました。脳が学習してきた?

継続は力なり。がんばれ 私の頭頂葉!

Photo

Sumi

今月 ちょうどセールもあったので 筆と墨を新調しました。うふふ おろしたての筆と いい墨の香りに触れると 気持ちが晴れやかになります。

ちなみにこの写経は お手本ですよ!さすがにまだこんなのは書けません。

でも 少しづつ 光が見えてきた 私の書道ライフです。

 

2012.10.03

友の展覧会に村山大島で

九月の終わり。。。和裁の姉弟子の趣味である「布花」の展覧会へ行ってきました。

いわいるコサージュや リースですが 姉弟子は葉の一枚まで自分で染めるのです。とても深みのある作品になっています。

美しいリースはどんなおうちのクリスマスを飾るのでしょうね。

市立美術館ギャラリーでの展示だったので ラフではありますが着物で。

Dsc_00452_4


祖母の村山大島を自分で仕立てたので出番をあげたいんです。姉弟子達にもできあがりを見せたかったし。

あまりに地味なのでせめて帯は可愛げにとお気に入りの花更紗。

Dsc_00442_2

帯留めはターコイズのトンボさん。

ちょっと秋っぽいでしょ(笑)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31