無料ブログはココログ

着姿♪

  • 2012 七夕祭り
    キモノ こんな風に着ています

帯留コレクション

  • ガラスに箔の帯留め
    コーディネートの要 帯留!

履きもの

  • 真紅の抽象柄お草履
    足元も大事ですよ

にゃんこ劇場

  • みーこちゃん 恍惚
    癒されたい方 どーぞ♪

« 袴のたたみ方に感心の巻 | トップページ | 桜色シリーズ 第1弾で骨董市へ »

2009.04.01

和裁教室でのあれこれ

前回の和裁教室で・・・

袖を直している祖母の羽織なんですけど、まだ直し終わらず・・・(苦笑)羽織の季節が終わっちゃうってば。

いやー 袷は難しいデス。どうにも ぴったり合わない部分が出てきて、ひとりでやっているなら「このくらいいいや だってヒトには見えないしサ」とやるのですが うちの先生はそんなことを許す方ではないので、ひたすらやり直しです(笑)

で、そんな不器用な私にあきれて 可哀想に思ったのか(苦笑)先生がまたおさがりを下さいました

Dsc02879 いま直している羽織に合うでしょ?と愛い白×赤の羽織紐と・・

アイボリーと薄い藤色、そしてフュ-シャピンクの縞々、シフォンみたいな柔らかい素材の帯揚げです。

先生はいつも女らしくお洒落なものをお持ちですよね。

嬉しいな何にあわせよう?

さて、この日は姉弟子がお嬢さんの卒業式のお写真を見せてくれました。

姉弟子が先週までせっせと裄を直していた付け下げと袴を着てのご出席です。

綺麗な桃色の付け下げ(姉弟子のもの)に紫の袴、美しい黒髪をシンプルにまとめたお嬢さんの可愛いこと!

姉弟子はとても嬉しそうで誇らしげでした。やはり着物をお子さんが着てくれるというのは特別な思いがあるんですねぇ。わたしまで嬉しいもの。

Photo で、こちらは、先日お伺いした 姉弟子のグループ展の写真。撮ってくださったのを頂きました。

あちゃー私の道行きの持ち方 美しくありませんねえ。

クロークのない場所に道行きや雨コートを着ていって、自分で持ち歩く場合は・・・

綺麗目の風呂敷か折り畳みのバッグを用意していってそれにいれましょうね 皆さん

何事も反省、学習。(笑)

« 袴のたたみ方に感心の巻 | トップページ | 桜色シリーズ 第1弾で骨董市へ »

和裁」カテゴリの記事

コメント

お袖をちょっと直すだけでも大変なんですね。古着のお直し、裄を出すくらいならそんなに手間も費用もかからなかったように思うんですが、実は大変技術の要ることだったんですね・・。プロの職人さんてやっぱり凄いですね。

羽織の紐、赤がちょっと入っててお洒落ですね。私もお下がりの羽織にと思って、リサイクルショップで可愛いのを買いました。色んな色や組み方があって、素敵ですよね。羽織の紐も侮れません。思わず三本も買ってしまいました

straycatさん
いやー (汗)わたしが不器用なだけだと思います・・・・
裄だけじゃなくて 袖丈も直してますけどね・・・

羽織紐は可愛いのがいっぱいありますね
昔の人はこんなとこも凝ったんだなぁと感心します

入金後すぐに発送して頂き、翌日には手元に届きました。丁寧に梱包されていて、手書きのメッセージまでついていてとても好感がもてました。ありがとぅございました。また機会があればお願いします。
ロレックス 年収 ol https://www.88kopi.com/product/product-7013.html

この記事へのコメントは終了しました。

« 袴のたたみ方に感心の巻 | トップページ | 桜色シリーズ 第1弾で骨董市へ »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31