無料ブログはココログ

着姿♪

  • 2012 七夕祭り
    キモノ こんな風に着ています

帯留コレクション

  • ガラスに箔の帯留め
    コーディネートの要 帯留!

履きもの

  • 真紅の抽象柄お草履
    足元も大事ですよ

にゃんこ劇場

  • みーこちゃん 恍惚
    癒されたい方 どーぞ♪

2014.02.05

2014社中展 元気な竹取物語

社中展では子供達の作品も出品されます。

今年は

012


竹取物語!!

先生のご指導のもと 一年生から中学生まで 皆で力を合わせて書いてくれました。力作です!

059

おかあさんたちと見比べると その大きさがわかりますでしょ。

子供達の字は 堂々とまっすぐて小手先の技巧がなく エネルギーに溢れています。

皆でひとつの作品をやりとげるっていうのが またいいですねえ。彼らも達成感があったと思うのです。ね?(*^-^)

2014.02.04

2014社中展 凛として

011

私の先生の作品。

向かって右、仮名の大作はダイナミックに。

左 漢詩は凛として清々しく。

ため息がでるようです。

054_2

こちらは屏風に色紙を散らしたもの。

こういう作品は先生と表装する職人さんとの意思疎通、掛け合いが大事。ひとつひとつの書ももちろん美しいのですが、バランスと空間の使い方がキーになってきますものね。

見事な書はたんに美しいだけでなく、エネルギーを発し、いろんな創造の世界に我々を誘ってくれますね。



2014.02.03

2014社中展 面白きことも無き・・・

私の作品 二つ目は

Sousaku_2

半切の掛け軸。漢字仮名交じり文。

面白き ことも無き世を 面白く

住みなすものは 心なりけり

有名な高杉晋作の句です。

はじめて知った時からなんとも心に残った 私の人生訓とも言える句であります。いつか書きたいと思ってチャレンジしてみました。

前回の高野切は古典の臨書(手本のあるもの いわいる模写)でしたが これは創作作品。つまり構成も私なので ううむ。(;´▽`A``力不足は否めないのですが。 

050

軸にはすっきりとした紬系の濃紺を選びました。

仮名臨書と並べてみると こんな感じ。

並んだ時のコントラストもちょっと意識したりして。えへ(*゚ー゚*)。

Photo

雅印は本名の一字です。

2014.01.31

2014社中展 桜花

今回の社中展 私の作品 ひとつめは・・・

058

Kouyagire



高野切 第一種 節臨 です。

高野切というのは、仮名の名作の作品名で まあ仮名書をやるひとのバイブルみたいなものです。節臨というのは「部分的臨書」ってことですね。

内容は古今和歌集なんですが、その中で 桜を詠った部分を選びました。

あだなりと なにこそたてれ 桜花 年にまれなる ひとも待ちけり

かえし なりひらのあそん

けふ来ずば 明日は雪とぞふりなまし 消えずばありとも花とみよしや

題知らず 詠み人しらず

散りぬれば こふれどしるしなきものを けふこそ桜 おらばおりてめ

折りとらば おしげにもあるか桜花 いざ宿かりて春まではみむ

きのありとも

さくら色に衣は深く染めてきん 花の散りぬるのちの形見に

だから料紙(作品用の和紙)は桜色を選び、表装もそれと合わせて 優しい草色を。

いかがでしょう?

春の雰囲気が出ていますでしょうか?(*^m^)

次は半切の創作作品をご紹介します。

2014.01.30

2014社中展 開催!

ぴかぴかの晴天の中、社中展初日が始まりました!

056


055

051


049

052


私の作品もありますよーヾ(´ε`*)ゝ

順番にご紹介していきますね!





«2014社中展 何を書こうかと

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31